男の身だしなみマナー

カフェインの6つの効果は?知っておいて損なし正しい取り方!

コーヒー 中毒性はあるの?

 

今回はカフェインの効果や副作用も含めて

正しい取り方について解説していこうと思います。

 

 

結論からいいますと

正しい取り方をしていると健康によいですし

逆に正しくない取り方をしますと

健康に悪いことが上げられます^^;

 

 

カフェインといいますと

思いつくのがコーヒーや錠剤などありますよね。

 

 

具体的にカフェインには

どのような効果があるのか

徹底的に取り組んできたので

書いていこうと思います。

 

 

カフェインの6つの効果とは

カフェイン 効果

 

 

まず、

カフェインの効果にはメリットもあれば

デメリットもあるということです。

 

 

ちなみに、

日本でカフェインは

どのようなイメージを持たれているかといいますと

 

・カフェイン中毒

・眠気防止

 

カフェインは

たったこれだけの情報で

危険だとみなされて

注意が必要だと言われていますよね。

 

 

しかし

米国食品医薬品局(FDA)というところでは

一日に2~3杯ほど目安は(400㎎)を進めています。

 

 

これはどういう意味を表すのかといいますと

適度な量なら身体に良いということです。

 

 

では具体的な効果とは何か書いていきます。

 

 

カフェイン(コーヒー)の6の効果メリットは?

コーヒー 効果

 

ダイエット効果にできる(体重減少)

カフェイン ダイエット効果

コーヒーに含まれているカフェインには

リパーゼといわれている

酸素を活性化させてくれる働きがあります。

 

 

リパーゼは

脂肪を燃焼させてくれる効果があるので

脂肪燃焼=体重減少の効果に期待できるというわけです。

 

 

さらに、カフェインは

食欲を抑えて食欲低下させる効果もあります。

 

 

認知機能を高める(または敏捷性)

認知機能を高める

 

敏捷性(びんしょうせい)は動作を行う速さのことですね。

 

 

カフェインには認知機能を高めたり

アルツハイマー、パーキンソン病にもよいといわれてます^^

 

 

これは

遺伝子操作されているマウスに

カフェインを投与して

実験の結果がでています。

 

 

白内障

コーヒー 白内障

カフェインを研究している人達が

白内障の形成につながる損傷部分から

目の水晶体を保護するのに役立つことを発見しました。

 

 

新しい研究はどんどんと進んでいるので

カフェインは100%悪いとは言い切れないのが

少しずつわかっていただけてきたでしょうか。

 

 

ガン

コーヒー ガン

 

皮膚がん、口、喉

他全てのガンにカフェインはよいと研究ではでています。

 

海外の情報ではなくて

日本の医師30人が集まって

コーヒーに含まれているカフェインは

ガンによいという結果がありました。

 

 

これは、マウスでの実験でも確かな情報がでていて

カフェインを投与していないマウスと

カフェインを投与してるマウスを並べて

有害な紫外線を浴びせました。

 

 

カフェインを投与しているマウスには

皮膚がんを引き起こすのを防ぐのに役立ちました。

 

 

つまりカフェインはガン予防によいということです^^

 

 

具体的に

968432人の男女で一日に4杯飲んだコーヒーと

全く飲まなかったものを比べると

口内癌による死亡リスクは49%低かった結果がでてます^^

 

 

肝臓結石

肝臓 結石

これは参加者がグッと減りますが

217883人参加の研究で

カフェインを投与した人としていない人の

肝臓結石の関連性を分析した結果になります。

 

より多くカフェインを摂取した人は

肝臓結石を発症するリスクが低かったとでています。

 

 

 

脳出血の予防

カフェイン 脳卒中

 

これは結構怖いのですが

実は隠れた小さな出血というのがあって

それを微小脳出血というのですが

コーヒーを飲む人に発症が少ないというデータもあります。

 

 

他にも血管を拡張して

血液から元気に身体をぽかぽか暖めてくれます。

 

 

具体的な研究データでは

人間の身体によい結果もでているのも事実です。

 

 

カフェインの副作用は中毒性はあるのか?

コーヒー 中毒性はあるの?

ただたった一つデメリットをあげるなら

一日の接収量の400㎎を超えないことです。

 

 

超えると副作用と言われるものがでてきます。

 

例を上げますと

 

・睡眠

・依存

・胸焼き

・頭痛

 

など上げられます。

 

 

しかし400㎎を超えない範囲なら

かなり良いと個人的には思いますし

カフェイン全てが害というわけではないのです。

 

 

しかも

カフェインは中毒性が

あるという言われていますが少しちがいますw

 

 

米国精神医学協会が統計をとったもので

カフェインを摂取しているものに

ただちにやめろ!という実験をしたのですが

禁断症状はでてないかったそうです。

 

 

タバコなどの禁断症状では

12時間から24時間にかけて身体から

ニコチンが消えていくのに

症状が現れることがありますが

カフェインはこれらの症状を

引き起こさなかった結果がでています。

 

 

しかも、カフェインは中毒に関する脳内の経路を

活性化することは示されていないので

カフェインは中毒性物質とみなされていないのです。

 

 

中毒と依存はまた別の話になります。

 

 

依存はほどほどで

やめれないというのが

依存にあたります。

 

 

カフェインの正しい取り方は?

 

錠剤などありますが

ここではコーヒーでの正しい取り方で解説します。

 

 

まずゆっくりと飲むということが大事です。

 

よくありがちなのがいっきのみするというのです。

 

ゆっくりと飲む方法として

ホットコーヒーにするという手段をとれば

ゆっくりと体内に入れることができるので

お勧めかなと思います。

 

 

それと

空腹時には飲まないことです。

 

空腹時に飲むと胃痛を起こす原因になります。

 

 

 

お勧めのハイブリッドコーヒーとまとめ

 

 

カフェインが身体によいですし

デメリットばっかりの

イメージを持たれている成分ですが

メリットも充分にあると考えられます。

 

摂取量を守っていれば

何の問題もなくて身体によいのです。

 

 

具体的にカフェインはコーヒーにも

含まれているのですが

少し変わったハイブリッドなコーヒーがあって

これの成分配合がまた面白いので

一度試してみても損はないと思います^^

↓        ↓       ↓

 

レビュー記事⇒ワンフェーンコーヒー

 

ほんとにユニークで

ハイブリッドなコーヒーはこれ以上ないと思います。

 

参考になれば幸いです。

 

 

 

ABOUT ME
マコト
実際の経験から、恋愛や彼女の作り方、美容やファッションや性の悩みなどの情報を書いていきます。コンセプトは自信があればきっとうまくいきます。自信に繋がれば嬉しいです。 詳しいプロフィールは コチラ→https://kidsdreamhope.com/purohu/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください